フィットシャトルハイブリッド(HONDA)の詳細

bookmark

抜群のコストパフォーマンス

車体価格は181万〜196万円とお手頃である。
エコカー減税も適合しており、12万円程度の優待があること嬉しい。
200万円を割るお値打ちさは大きなメリットとなるに違いない。
ライバル車であるプリウスαと比較すると、50万円近くも安くなる点に注目したい。
ハイブリッド仕様のワゴン車が欲しいのであれば、これ以上ないコストパフォーマンスだろう。

 

車両挙動安定化制御システムが危険を予防

VSAと略されるホンダ流の横滑り防止の諸機能が整っている。
標準装備されているので、HONDAのメーカーとしての意識の高さを伺うことができる。
また、完璧を追及するエアバックも注目したい。
メーカーオプションになってしまうものの、サイドに用意されたエアバックも搭載することでセーフティは格段に向上する。

 

さすがハイブリッド!25.0km/Lという低燃費

5ナンバーで燃費25.0km/L、さすがハイブリットだと評価できる。
実燃費も20km/Lをキープしており、環境にもお財布にもやさしいモデルだ。
5ナンバーで燃費を重視するなら、フィットシャトルハイブリッドはぜひ選択肢に入れたいクルマだ。

 

実用性を高めるオプションが豊富

エアロを追加してデザイン性を高めるというよりかは、インテリア等のオプションを追加して利便性を図るといったケースが多いようだ。
ステーションワゴンらしくラゲッジルームの使い勝手を良くさせるアクセサリーが目立つ。
荷室を汚さないカーゴマットやカーゴトレイなどが充実している。
その他、カーオーディオなども押さえておきたい。

 

長距離走行に向いたサスがよくできている

落ち着いた走りが特徴的なフィットシャトルハイブリッドは、少しやわらかいサスペンションが良い味を出している。
ドライバーはもちろん、乗員にとっても気持ちの良いドライブが叶うだろう。
また、ボタンを押すだけで定速での走行をオートマチックにする「クローズコントロール」の操作性が優れている。
ハンドル横に用意されているため、ボタンをすぐ押すことができるのだ。
一定のパワーでエンジンを稼動させるため燃費にも良い。

 

プリウスαとの一騎打ち

「フィット」のステーションワゴンである「フィットシャトル」。
そのハイブリッドエンジン車として発売されたのが「フィットシャトルハイブリッド」である。
この大きさでハイブリットとなるとトヨタ(TOYOTA)プリウスα等が挙がる。
燃費面を考慮すると両車はほぼ同じようなパフォーマンスとなっており、この2車に人気が集中している。
購入者は「プリウスアルファにするかホンダのフィットにするか」という選択をするに違いない。
ファミリー層であれば、ワゴンとしての機能性がより充実したフィットシャトルハイブリッドを購入するケースが多い。

 

 

>>フィットシャトルハイブリッドを40万円安く購入!